韓国発のザイデナ

日本人にも相性ピッタリのED治療薬『ザイデナ』をご紹介します

韓国の街並み

ザイデナの副作用について

ザイデナは、2005年から韓国の東亜製薬で販売されているED治療薬です。
第四のED治療薬として注目を集めています。
勃起不全症の症状を改善する効果のある経口内服薬です。
ザイデナの主成分であるウデナフィルには、EDの原因である体内酵素PED-5の働きを阻害することで、正常な勃起を促す効果があります。
従来のED治療薬は欧米人を基準として開発されていますが、このザイデナは韓国で開発されているため、アジア人の体質に合いやすい薬となっています。
ザイデナの副作用としては、眠気や頭痛、顔のほてりなどが挙げられます。
これらの症状は、ウデナフィルの血管拡張作用によるもので、発症しても重度に至るケースは稀となっています。
また、東洋人を基準に製造販売されていることもあり、従来のED治療薬に比べて副作用が少なくなっています。
使用方法としては、性行為の30分前を目安に服用します。
他のED治療薬に比べ、食事の影響は受けづらいとなっていますが、脂肪分の多い食事は避けた方がいいでしょう。
効果の持続時間は12時間~20時間となっています。
1回の摂取量は100mgが推奨されています。
初めて服用する場合は、錠剤を半分にした50mgの服用で効果や副作用を確認したうえで使用すると、安全に効果を得られます。