韓国発のザイデナ

日本人にも相性ピッタリのED治療薬『ザイデナ』をご紹介します

韓国の街並み

ザイデナは寝室での服用でも間に合う

ザイデナは第4の勃起不全症(ED)治療薬と言われており、バイアグラ、レビトラ、シアリスに次ぐ応用が期待されている薬です。ザイデナの有効成分はウデナフィルという名前であり、バイアグラ、レビトラ、シアリスの有効成分と同様の作用機序を有しています。詳細に説明すると、血管内のホスホジエステラーゼⅤを阻害することにより、血管平滑筋を弛緩させる作用のあるサイクリックGMPの分解を阻害し、結果、血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張します。この血管拡張により、陰茎部の血流量が増加し、勃起を誘発する、という仕組みになっています。このザイデナは韓国の東亞製薬が製造販売を行っています。日本においては厚生労働省の製造販売承認を受けていないために販売は禁止されています。しかし、個人輸入という形で海外で売られているザイデナを入手することは可能です。
このザイデナの最大の特徴は、寝室に入ってから服用しても、性行為時に効果がある程、即効性に優れている点です。バイアグラとレビトラは性行為の1時間前、シアリスは性行為の3時間前に服用する必要性がありましたが、ザイデナに関しては性行為の30分前の服用で構わないようにできています。また作用の持続効果もある程度見込まれており、12時間程度の効果の持続が期待されています。つまり誤って早く飲みすぎたとしてもある程度効果に影響しないのです。バイアグラとレビトラに関しては作用持続時間は5~10時間なのでそれよりは持続性には優れています。
個人輸入もインターネットで代行サービスを行っている業者が沢山あるため簡単にできますが、医療従事者のチェックや指導がない分、副用法や副作用に十分注意しましょう。勃起不全症の治療薬は全て、併用で問題になる薬があるので、併用薬がある人は必ず一緒に服用できる薬か確認してから服用しましょう。